未踏の道をゆけ。その先に無二の感動がある。キャンパスベンチャーグランプリは「新産業の創造と次代を担う人材育成」を目的として、全国8地域(北海道、東北、東京、中部、大阪、中国、四国、九州)で開催している日本最大級の学生ビジネスプランコンテストです。
産業界は付加価値の源泉がモノからコトに移り、転換期を迎えています。社会を見渡すと、さまざまな課題が山積しています。こうした時代だからこそ、常識を打ち破る発想が求められています。
“未踏の道をゆけ。その先に無二の感動がある。”キャンパスベンチャーグランプリは、若き起業家を応援します。起業家を目指しているみなさんにとって、応募が人生の転機になるかもしれません。ぜひ腕を鳴らしてみませんか-。

全国大会

詳しくはこちら

“学生起業家の登竜門”

キャンパスベンチャーグランプリは1999年に大阪で開催したのが始まり。現在、全国8地域(北海道、東北、東京、中部、大阪、中国、四国、九州)で展開しています。実際に起業して活躍している先輩も多く、広く“学生起業家の登竜門”として知られています。
地域大会を勝ち上がった学生は、メンターらの指導を受けてビジネスプランに磨きをかけ、「全国大会」で「経済産業大臣賞」「文部科学大臣賞」の受賞を目指します。
2017年度は計183校(129大学・24大学院・20高等専門学校・1専修学校・9専門学校)から計711件のエントリーがあり、経済産業大臣賞に筑波大学の木村友輔さんらによる「トレーニング共有プラットフォーム『シェアトレ』」が、文部科学大臣賞に宮崎大学大学の木下大輔さんらによる「障がい者情報プラットフォーム TOBE」が輝きました。
2018年度に栄冠を手にするのは、あなたかも知れません。

Information

過去大会の受賞者

大学・大学院・高等専門学校・短期大学・専門学校の学生による新事業提案コンテスト

応募の参考

「18歳からのビジネスプラン」は
ビジネスプラン作成のための
ポイントを講義した
全10回の動画教材シリーズ。
(制作:経済産業省,日本ベンチャー学会)
無料公開。
18歳からの
ビジネスプラン