高林稜
2016年度全国大会
経済産業大臣賞
農業を憧れの職業にします。

高林稜さん慶應義塾大学 卒業

受賞プラン超近代型低コストハウスと
マイクロバブル栽培装置のレンタル販売
なぜcvgに応募したのですか?
自社で開発した商品をより多くの人に届けたい思いで、国内最大のコンテストを探したところ、cvgを見つけました。
ビジネスプラン作成やプレゼンで苦労した点は?
簡潔に伝えることです。特に私は扱う商品が1つではないので、プレゼンの時間が非常に短く感じました。何を最優先に伝えるべきか、多くの方々にアドバイスを頂き、ブラッシュアップを重ねました。
受賞して何が変わりましたか?
新しい人脈ができ、よりたくさんの方からのご支援を頂けるようになりました。
起業した経緯を教えて下さい。
自分の思いやアイデアを形にしてくれる仲間ができ、その仲間たちと開発した自信作を世界に広めるために会社を作りました。
起業して何が変わりましたか?
周りの応援です。
資金調達方法についておしえて下さい。
アルバイトで貯金したお金と、キャンパスベンチャーグランプリで頂いた賞金です。
10年後、20年後の夢
私は2つの農業をつくります。一つはプロの仕事として若者が憧れる高収益な農業。
もう一つは、ライフスタイルとして誰でも気軽にできる農業です。
進化の続く様々な技術をより実用的な商品として数多く開発、農業以外の多様な分野にも展開していくことで、世界中の人たちに愛される会社を必ず作ります。